リンナイテクニカ株式会社

HOME > 企業情報 > 会社沿革

会社概要

明治43年2月
磯村工業所を設立、創業。
大正7年10月
五反田工場を新設、ガス器具の製造を開始する。
昭和11年12月
株式会社に改組、磯村産業株式会社を設立。
昭和22年7月
ガス器具販売部門として山ニ工業 (株) を設立し、 ガス湯沸器、ガスストーブの販売業務を開始する。
昭和44年11月
磯村産業 (株) の全額出資により、 磯村機器(株)を設立し(資本金2億円) 、ガス器具、水処理機器の製造販売業務を継承する。
昭和49年9月
資本金を2億6千万円に増資。
昭和52年4月
エンゼル瓦斯器具(株)に資本参加し、富士エンゼル(株)を設立。ガス器具の販売を開始する。
昭和56年6月
リンナイ株式会社と業務提携を行う。
昭和56年7月
湯沸器およびガス器具の製造部門を分離し、資本金1億円にて磯村機器(株)を設立。
事業を継承すると同時に、リンナイの技術援助を得て、リンナイブランドの製造を開始する。
昭和58年4月
リンナイ(株)の資本参加を得て、資本金を2億円に増資。
昭和58年4月
不完全燃焼防止装置付湯沸器 (ユーティーシリーズ) の製造を開始する。
昭和59年7月
CF型風呂釜の製造を開始する。
昭和63年4月
ガス給湯器 (ユッコシリーズ) の製造を開始する。
平成4年6月
優良住宅部品 (BL) 認定企業登録。
平成7年7月
CF型風呂釜を(株)柳澤製作所に移管し小型湯沸器と給湯器の生産に集中。
平成8年6月
ISO9002認証取得。ヨーロッパCEマーク認証取得。
平成9年8月
オーストラリアウォーターマークライセンス取得。
平成11年4月
給湯器の熱交換器の生産拡充を実施。
平成11年6月
韓国標準協会認証 (KS認証) 取得。
平成11年9月
リンナイ株式会社の全額出資 (株式100%) となる。
平成12年5月
リンナイテクニカ株式会社に社名変更する。
平成14年3月
アメリカ・カナダCSAマーク認証取得。
平成15年12月
ISO14001認証取得。
平成17年6月
I APMO(UPC)認証取得。
平成18年11月
NSF(National Science Foundation)認証取得。

ページの先頭へ

Copyright © Rinnai Technica Co,LTD All rights reserved.